名古屋大学 未来社会創造機構ナノライフシステム研究所

お知らせ・イベント

2024/06/10
湯川 博先生と京都大学の三木先生とのがん幹細胞の検出イメージングに関する 共同研究成果が、Journal of Materials Chemistry Bに採択されました。誠におめでとうございます。
2024/05/24
馬場嘉信先生が、日本化学会 副会長にご就任されました。
2024/05/23
有馬彰秀先生と東大医科研・岡田先生、阪大産研・川合先生、筒井先生、産総研・横田先生との共同研究成果が、ACS Nanoに採択されました。誠におめでとうございます。
2024/05/20
村上 裕先生らの研究成果が、名古屋大学からプレスリリースされました。「Ser/Leu入換え遺伝暗号の開発 ~遺伝子組み換え時のバイオハザードリスクの解消~」
2024/05/17
馬場嘉信先生と北海道大学・長島先生、東京大学・柳田先生、東京工業大学・安井先生との共同研究成果が、ACS Appl. Mater. Interfacesに採択されました。 誠におめでとうございます。
2024/05/11
馬場嘉信先生、大学院修了生のKunanon Chattrairat博士と名古屋大学医学部・横井先生、北海道大学・渡慶次先生、長島先生、東京大学・柳田先生、京都大学・長谷川先生、東京工業大学・安井先生との共同研究成果が、Device(Cell Press)に採択されました。誠におめでとうございます。
2024/05/10
馬場嘉信先生、大学院生のKannika Sitthisuwannakulさんと北海道大学・長島先生、東京工業大学・安井先生との共同研究成果が、Biosens. Bioelec.に採択されました。誠におめでとうございます。
2024/05/09
馬場嘉信先生、有馬先生と京大理・野田口先生、東大理・東山先生との共同研究成果が、Plant Phenomicsに採択されました。誠におめでとうございます。
2024/05/08
岩竹真弓先生、湯川 博先生らの研究成果が、Precision Medicineに採択されました。誠におめでとうございます。
2024/04/30
岩竹真弓先生、湯川 博先生らの研究成果が、Front. Immunol.に採択されました。誠におめでとうございます。
2024/04/24
小野島大介先生が、第36回中小企業優秀新技術・新製品賞(主催:りそな中小企業振興財団、日刊工業新聞社)において、産学官連携特別賞をご受賞されました。誠におめでとうございます。
2024/04/22
湯川 博先生らの研究成果が、Langmuirに採択されました。誠におめでとうございます。
2024/04/02
小坂田文隆先生らの研究成果が、名古屋大学からプレスリリースされました。「細胞と共生できるセンダイウイルスを発見! ~ウイルスの生態解明やベクター開発への応用に期待~」
2024/03/02
湯川 博先生らの研究成果が、Anal. Sci.に採択されました。誠におめでとうございます。
2024/02/17
加藤昌志先生らの研究成果が、第5回CIBoGリトリート(第16回NAGOYAグローバルリトリート)においてPoster Presentation Awardをご受賞されました。誠におめでとうございます。
2024/02/02
木村 宏先生らの研究成果が、名古屋大学医学部からプレスリリースされました。「発がんウイルス(EB ウイルス)に感染した細胞の増殖が促進され、 腫瘍が形成されるメカニズムを発見」
2024/02/01
山本徳則先生らの研究成果が、Nagoya Jounal of Medical Scienceに採択されました。誠におめでとうございます。
2024/02/01
柳井 毅先生らの研究成果が、名古屋大学からプレスリリースされました。「次世代有機EL 発光材料の発光効率の増幅効果を新理論から発見!~新原理に基づく高性能な有機EL材料の創出に光~」
2024/01/19
柳井 毅先生らの研究成果が、名古屋大学からプレスリリースされました。「珪藻の光合成アンテナの特異な光学機能を量子化学計算から解明 ~フコキサンチンの未知なる光吸収とエネルギー移動の役割を発見~」
2024/01/15
山本徳則先生らの研究成果が、JMA JOURNALに採択されました。誠におめでとうございます。
2023/12/18
湯川 博先生と馬場嘉信先生のレビュー論文がTrends in Analytical Chemistryに採択されました。誠におめでとうございます。
2023/12/15
馬場嘉信先生の巻頭言が、日本神経回路学会誌特集『神経科学の未来を担う新計測科学』に掲載されました。誠におめでとうございます。
2023/12/15
湯川 博先生の解説記事が、日本神経回路学会誌に採択されました。誠におめでとうございます。
2023/12/06
有馬彰秀先生の研究が、小笠原敏晶記念財団 2023年度 一般研究助成に採択されました。誠におめでとうございます。「ナノポアセンサを用いたイオン電流計測に基づくポリマーブラシ伸長評価技術の開発」
2023/12/01
成瀬一郎先生が、 International Conference on Materials and Systems for Sustainability 2023, Best Presentation Prizeをご受賞されました。誠におめでとうございます。
2023/11/09
馬場嘉信先生と東京工業大学・安井先生、名古屋大学医学部・横井先生との共同研究論文(Nature Comm., 2023)が、日本経済新聞Web版、日経バイオテクに掲載されました。
2023/11/09
馬場嘉信先生と東京工業大学・安井先生、名古屋大学医学部・横井先生との共同研究論文(Nature Comm., 2023)が、名古屋大学、JST、国立がん研究センター、東京工業大学からプレスリリースされました。
2023/11/08
成瀬一郎先生が、谷川熱技術振興基金 熱技術賞をご受賞されました。誠におめでとうございます。
2023/10/31
成瀬一郎先生が、一般社団法人日本エネルギー学会 日本エネルギー学会 石炭科学会議 優秀賞をご受賞されました。誠におめでとうございます。
2023/10/30
鈴木裕介先生、末松三奈先生、今泉貴広先生らの研究成果が、Nagoya Jounal of Medical Scienceに採択されました。誠におめでとうございます。
2023/10/17
松本健郎先生が、第26-27期日本学術会議会員(第3部)に任命されました。誠におめでとうございます。
2023/10/17
馬場嘉信先生と東京工業大学・安井先生、名古屋大学医学部・横井先生との共同研究成果が、Nature Comm.に採択されました。誠におめでとうございます。
2023/10/04
山本徳則先生が、SDGs AICHI EXPO 2023 に名古屋大学(1大学1演題)として採択されました。 誠におめでとうございます。
2023/09/20
菅波孝祥先生の論文が、プレスリリースされました。「マクロファージへのコレステロール蓄積が肝線維化を促進する: 超分子ポリロタキサンを用いた非アルコール性脂肪肝炎治療法の開発へ」
2023/09/14
山本徳則先生らの研究成果が、Nagoya Jounal of Medical Scienceに採択されました。誠におめでとうございます。
2023/09/14
山本徳則先生らの研究成果が、Nagoya Jounal of Medical Scienceに採択されました。誠におめでとうございます。
2023/09/14
山本徳則先生らの研究が、内閣府研究開発プロジェクト ムーンショット目標1「2050年までに、人が身体、脳、空間、時間の制約から解放された社会を実現」に採択されました。「生体内サイバネティック・アバターによる時空間体内環境情報の構造化」
2023/09/13
成瀬一郎先生が、化学工学会 粒子・流体プロセス部会 プレゼンテーション賞をご受賞されました。誠におめでとうございます。
2023/09/04
加藤昌志先生らの論文が、the Editors' highlight picks from 2023 in European Heart Journal Open の論文に選出されました。誠におめでとうございます。
2023/08/31
長谷川泰久先生らの研究成果が、IEEE RO-MAN 2023 Best Paper Awardをご受賞されました。誠におめでとうございます。
2023/08/25
有馬彰秀先生の解説記事が、生物工学会誌 特集『ナノポア応用研究の最前線』に掲載されました。誠におめでとうございます。
2023/08/08
佐藤和秀先生らの研究成果が、名古屋大学からプレスリリースされました。「マイクロバブル造影超音波画像で近赤外光線免疫療法の治療効果を予測~新規概念を確立し、バイオマーカーで簡便にその場推定が可能に~」
2023/07/18
佐藤和秀先生と湯川博先生、名古屋大学医学部・佐藤先生との共同研究成果が、eBioMedicine (Part of THE LANCET Discovery Science)に採択されました。誠におめでとうございます。
2023/07/12
Zetao Zhu先生、安井隆雄先生と名古屋大学・松田先生、長田先生、北海道大学・長島先生との共同研究成果が、ACS Applied Materials & Interfacesに掲載されました。誠におめでとうございます。
2023/07/11
安井隆雄先生と名古屋大学医学部・横井先生との共同研究論文(Science Advances, 2023)が、日本経済新聞Web版、日経バイオテクに掲載されました。
2023/07/10
安井隆雄先生と名古屋大学医学部・横井先生との共同研究論文(Science Advances, 2023)が、名古屋大学、国立がん研究センター、慶應義塾大学、JSTからプレスリリースされました。
2023/07/07
安井隆雄先生と名古屋大学医学部・横井先生との共同研究成果が、Science Advancesに掲載されました。誠におめでとうございます。
2023/07/06
大学院医学系研究科ウイルス学の杉本温子先生、木村宏先生らの 研究グループによる研究成果が、Microbiology Spectrumに掲載されました。誠におめでとうございます。
2023/06/30
湯川 博先生、馬場嘉信先生、岩竹真弓先生の研究成果が、Precision Medicineに掲載されました。 誠におめでとうございます。
2023/06/29
長谷川泰久先生らの研究成果が、日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス部門 部門欧文誌表彰をご受賞されました。誠におめでとうございます。
2023/06/29
長谷川泰久先生が、日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス部門 部門功績賞をご受賞されました。誠におめでとうございます。
2023/06/21
山本徳則先生らの研究成果が、International Journal of Urologyに採択されました。誠におめでとうございます。
2023/06/21
山本徳則先生らの研究成果が、International Journal of Urologyに採択されました。誠におめでとうございます。
2023/06/16
岩竹真弓先生、湯川博先生、富山大院医・土谷先生の共同研究成果が、Front. Bioeng. Biotechnol.に採択されました。 誠におめでとうございます。
2023/06/16
岩竹真弓先生、湯川博先生、富山大院医・土谷先生の共同研究成果が、Organogenesisに採択されました。 誠におめでとうございます。
2023/06/03
松本健郎先生が、日本機械学会バイオエンジニアリング部門 2022年度 第27回功績賞をご受賞されました。誠におめでとうございます。
2023/05/31
村上裕先生の研究が、日本学術振興会 令和5年度科学研究費助成事業(科研費) 基盤研究(S)に採択されました。「超並列ペプチド1分子アミノ酸配列決定法の開発」
2023/05/30
馬場嘉信先生、安井隆雄客員教授らと京都大学・長谷川先生、東京大学・柳田先生との共同研究成果に関する論文(Biosens. Bioelec., 2023)が、名古屋大学、JSTからプレスリリースされました。
2023/05/03
湯川博先生と名大院医・佐藤先生の論文が、 Adv. Drug Deliv. Rev. に採択されました。誠におめでとうございます。
2023/05/02
湯川博先生と名大院医・石川先生、佐藤先生、名大院エネルギー理工・鳴瀧先生らとの共同研究論文が、Cell Transplant. に採択されました。誠におめでとうございます。
2023/05/01
山本徳則先生らの研究成果が、Nagoya Jounal of Medical Scienceに採択されました。誠におめでとうございます。
2023/04/26
牧原克典先生らの論文が、Nanomaterials に採択されました。誠におめでとうございます。
2023/03/31
柳井 毅先生らの研究成果が、名古屋大学からプレスリリースされました。「人工知能と量子アルゴリムの融合による量子化学計算法の開発に成功 ~高精度波動関数計算の高速化へ新たな道~」
2023/03/31
湯川博先生が 2022年度田中貴金属記念財団のシルバー賞を受賞しました。誠におめでとうございます。
2023/03/15
安井隆雄先生が、2022年度 化学とマイクロ・ナノシステム学会 奨励賞を受賞されます。誠におめでとうございます。
2023/03/15
山本徳則先生らの研究が、日本経済新聞電子版に掲載されました。
2023/03/08
小野島大介先生と名大プラズマセンター・堀先生、田中先生、名大医学部・長谷川先生、佐藤先生、余語先生とAGC(株)との共同研究成果が、Scientific Reportsに採択されました。誠におめでとうございます。
2023/02/20
馬場嘉信先生が、京都大学・浜地先生、大阪大学・谷口先生、甲南大学・杉本先生と編集した著書「生体分子環境の化学 分子夾雑と1分子で解き明かす生体の挙動」が出版されました。誠におめでとうございます。
2023/02/17
馬場嘉信先生、安井隆雄先生と東京大学工学部・柳田剛先生との共同研究による、尿10滴の滴下による脳腫瘍検知に関する論文(ACSNano)が、朝日新聞に掲載されました。
2023/01/23
安井隆雄先生、馬場嘉信先生と東京大学工学部・柳田先生との共同研究による、尿10滴の滴下による脳腫瘍検知に関する論文(ACSNano)が、名古屋大学、東京大学からプレスリリースされました。
2023/01/23
安井隆雄先生、馬場嘉信先生と東京大学工学部・柳田先生との共同研究による、尿10滴の滴下による脳腫瘍検知に関する論文(ACSNano)が、日本経済新聞電子版に掲載されました。
2023/01/22
安井隆雄先生と馬場嘉信先生の著書が出版されました。誠におめでとうございます。
2023/01/21
池田 将先生らの研究成果が、名古屋大学からプレスリリースされました。「ナノスケールの箱庭で、ペプチド分子を集めた草原をつくり、DNA分子を伸長してナノサイズの花を咲かせることに成功-生体適合性の高い新たなナノ材料として、その応用に期待-」
2023/01/17
湯川博先生と馬場嘉信先生の研究成果が、Precision Medicineに掲載されました。 誠におめでとうございます。
2023/01/16
名古屋大学未来社会創造機構・佐藤和秀先生の研究成果が、文部科学省マテリアル先端リサーチインフラ 令和4年度「秀でた利用成果」最優秀賞に選ばれました。誠におめでとうございます。
2023/01/11
小野島大介先生、馬場嘉信先生と慶応大学・平山先生およびAGC(株)との共同研究論文が、Frontiers in Molecular Biosciencesに採択されました。誠におめでとうございます。
2023/01/06
安井隆雄先生、馬場嘉信先生と東京大学・柳田先生、パナソニック(株)との共同出願特許が、「知財番付2022」の東の横綱として表彰されました。誠におめでとうございます。
2022/11/20
湯川博先生がAGCと共同開発しましたナノ多孔質ガラスデバイスに 関する総説が、NEW GLASSに掲載されました。 誠におめでとうございます。
2022/10/20
湯川博先生らの論文が、Analytical SciencesのHot Article 2022に採択されました。誠におめでとうございます。
2022/10/13
馬場嘉信先生と湯川博先生の研究成果が、BIO Clinicaに掲載されました。 誠におめでとうございます。
2022/09/30
加藤昌志先生らの研究成果が、プレスリリースされました。「低周波騒音に含まれる血流改善効果を持つ音成分の発見」
2022/09/27
小野島大介先生と柴田貴広先生の論文が、Analytical Chemistry誌に採択されました。誠におめでとうございます。
2022/09/16
勝野雅央先生らの研究成果が、名古屋大学からプレスリリースされました。「メタボローム解析とトランスクリプトーム解析により 孤発性封入体筋炎の病態を解明 」
2022/09/01
湯川博先生に関する記事が、医薬経済に掲載されました。 誠におめでとうございます。
2022/08/29
加藤昌志先生らの研究成果が、プレスリリースされました。「水に含まれる硫化水素(H2S)を高効率かつ迅速に吸着できる浄化材の開発」
2022/08/22
湯川博先生と佐藤和秀先生、NIH・小林久隆先生との共同研究論文(Bioengineering & Translational Medicine) が、JST、名古屋大学からプレスリリースされました。
2022/08/01
有馬彰秀先生が、日本分析化学会奨励賞をご受賞されます。誠におめでとうございます。
2022/07/28
湯川博先生と京都大学・田畑先生、大阪歯科大・城先生、東北大学・山本先生、名古屋大学・鳴瀧先生、鳴瀧研大学院生の山田さんとの共同研究論文が、Sensorsに採択されました。誠におめでとうございます。
2022/07/28
湯川博先生らの論文が、Analytical Sciences の Front Cover に採択されました。誠におめでとうございます。
2022/07/25
湯川博先生らの論文(ACS Applied Materials & Interfaces)の内容が、 名古屋大学、QSTからプレスリリースされました。
2022/07/20
木村宏研究室の佐藤好隆先生らの研究成果が、プレスリリースされました。
2022/07/16
湯川博先生と名古屋大学医学系研究科・佐藤和秀先生、NIH・小林先生との共同研究論文が、Bioengineering & Translational Medicineに採択されました。誠におめでとうございます。
2022/07/14
末松三奈先生が、第11回杉浦地域医療振興助成に選定されました。誠におめでとうございます。
2022/07/13
勝野雅央先生らの研究成果が、名古屋大学からプレスリリースされました。「遺伝性運動ニューロン病の鍵を握るタンパク質を発見 -球脊髄性筋萎縮症の病態に MID1 が関わることを解明- 」
2022/07/04
佐藤和秀先生らの研究成果が、プレスリリースされました。「名古屋発;飛沫を防ぐ内視鏡検査マスク「e-mask」With コロナ/Post コロナでの安全な内視鏡検査を目指したデバイス開発実装」
2022/07/01
山本徳則先生らの研究成果が、LOWER URINARY TRACT SYMPTOMSに採択されました。誠におめでとうございます。
2022/06/30
湯川博先生の論文が、ACS Applied Materials & Interfaces に採択されました。誠におめでとうございます。
2022/06/29
佐藤和秀先生が、2021年度日本生体医工学会臨床応用研究賞・荻野賞をご受賞されました。誠におめでとうございます。
2022/06/17
湯川博先生の論文が、Analytical Sciencesに採択されました。誠におめでとうございます。
2022/06/16
清中茂樹先生の論文が、Nature Communications誌に掲載され、名大からもプレスリリースされました。
2022/06/14
湯川博先生の論文が、Lab on a Chip の Front Cover に採択されました。 誠におめでとうございます。
2022/06/07
有馬彰秀先生の研究が、旭硝子財団 2022年度研究助成に採択されました。誠におめでとうございます。
2022/05/30
安井隆雄先生の人工嗅覚センサーに関する論文が、Chem. Comm.のFront Coverに採択されました。誠におめでとうございます。
2022/05/26
勝野雅央先生の「進行性核上性麻痺における異常蛋白凝集のメカニズム」についての共同研究が、名古屋大学大学院医学系研究科・医学部医学科のHPからプレスリリースされました。
2022/05/16
馬場嘉信先生、湯川博先生らが生体試料の分析が可能なダイヤモンド量子センサ型分析デバイスの開発に成功し、いくつかのウェブサイトに掲載されました。
2022/05/12
湯川博先生の量子センサ型バイオ分析チップデバイスに関する論文(Lab on a Chip)の内容が、プレスリリースされました。
2022/05/01
山本徳則先生らの研究成果が、International Urogynecology Journalに採択されました。誠におめでとうございます。
2022/04/22
湯川博先生の論文が、Lab on a Chipに採択されました。誠におめでとうございます。
2022/03/25
山本徳則先生らの研究成果が、 International Urogynecology Journalに採択されました。誠におめでとうございます。
2022/03/17
湯川博先生と熊本大学 田中先生との研究テーマ(肝炎等克服実用化研究)が AMEDに採択されました。誠におめでとうございます。
2022/03/16
湯川博先生が永井科学技術財団の学術賞をご受賞されました。誠におめでとうございます。
2022/02/21
末松三奈先生、今泉貴広先生らが開発した、認知症患者の介護者間コミュニケーション促進のためのアプリケーションツールを用いた臨床研究が開始。そのことが名古屋大学附属病院のHPにてプレスリリースされました。
2022/02/14
有馬彰秀先生と大阪大学 川合先生、筒井先生、産業技術総合研究所 横田先生との共同研究による、ナノポアにおける局所的加熱現象の発見に関する論文(Science Advances)の内容が、名古屋大学・大阪大学からプレスリリースされました。
2022/01/31
谷村省吾先生がご執筆した雑誌記事「ミクロとマクロをつなげる―概念体系の網はいかにして世界を捉えるか」が、数理科学2022年1月号に掲載されました。
2022/01/28
佐藤和秀先生が「内閣府第4回日本オープンイノベーション大賞厚生労働大臣賞」を受賞し、プレスリリースされ内閣府HPに公開されました。誠におめでとうございます。
2022/01/20
湯川博先生が執筆された「量子ドット」に関する解説文が、先端の分析法 新版第2版 (馬場嘉信先生 編集協力委員)に掲載されました。誠におめでとうございます。
2021/12/21
有馬彰秀先生と大阪大学 川合先生、筒井先生、産業技術総合研究所 横田先生との共同研究成果が、Science Advancesに採択されました。誠におめでとうございます。
2021/12/01
佐藤和秀先生が「一般財団法人 近藤記念医学財団 2021年度学術奨励賞」をご受賞されました。誠におめでとうございます。
2021/11/10
谷村省吾先生がご執筆された書籍「量子力学10講」が出版されました。
2021/11/04
大槻主税先生が大阪府商工業功労者周年記念表彰をご受賞されました。誠におめでとうございます。
2021/11/03
馬場嘉信先生が秋の褒章におきまして、紫綬褒章をご受章されました。誠におめでとうございます。
2021/11/02
佐藤和秀先生らの研究成果が、プレスリリースされました。「光とがん免疫で相乗効果を発揮して癌を治療」
2021/11/01
山本徳則先生らの研究成果が、International Journal of Urologyに採択されました。誠におめでとうございます。
2021/10/27
本多裕之先生が第30回日本生物工学技術賞をご受賞されました。誠におめでとうございます。
2021/10/25
菅波孝祥先生が2022〜2025年度の住友電工グループ・大学講座寄付に採択されました。誠におめでとうございます。
2021/10/14
森健策先生が日本医用画像工学会の功績賞を受賞されました。誠におめでとうございます。
2021/09/27
山下太郎先生が最近出版された論文に関しまして、情報通信研究機構及び産業技術総合研究所と共同で、 報道発表を行いました。
2021/09/27
小坂田文隆先生が学術変革領域研究(B)に領域代表として採択されました。
2021/09/27
西澤典彦先生,富田英生先生と産総研の共同研究が,JST CREST「独創的原理に基づく革新的光科学技術の創成」に採択されました。
2021/09/17
安井隆雄先生と東京大学・柳田先生、大阪大学・川合先生、東京医科大学・落谷先生との共同論文Biosens. Bioelec.の内容が、日本経済新聞電子版、日経バイオテクに掲載されました。
2021/09/16
安井隆雄先生と東京大学・柳田先生、大阪大学・川合先生、東京医科大学・落谷先生との共同論文Biosens. Bioelec.の内容が、名古屋大学、JST、東京大学、大阪大学、東京医科大学からプレスリリースされました。
2021/08/18
有馬彰秀先生が第1回 日本化学会東海支部 奨励賞を受賞されます。誠におめでとうございます。
2021/08/11
馬場嘉信先生が監修された書籍「AI・ナノ・量子による超高感度・迅速バイオセンシング」が出版されました。
2021/08/11
有馬彰秀先生と大阪大学 川合先生、鷲尾先生、筒井先生、産業技術総合研究所 横田先生との共同研究成果が、Small Methodsに採択されました。誠におめでとうございます。
2021/08/10
湯川博先生と藤田医科大学の剣持先生・伊藤先生の共同研究成果が、Organ Biologyに掲載されました。誠におめでとうございます。
2021/08/09
湯川博先生と名古屋大学・鳥本司先生との共同研究成果が、J. Mat. Chem. Cに採択されました。誠におめでとうございます。
2021/07/28
佐藤和秀先生が「2021堀場雅夫賞」を受賞されました。誠におめでとうございます。
2021/07/15
佐藤和秀先生が第5回バイオ インダストリー奨励賞を受賞されました。誠におめでとうございます。
2021/06/30
安井隆雄先生と夏目敦至先生との共同研究成果が、Nanomaterialsに採択されました。誠におめでとうございます。
2021/06/22
成瀬一郎先生が環境省令和3年度地域環境保全功労者表彰を受賞されました。誠におめでとうございます。
2021/06/17
佐藤和秀先生らの研究成果が、名古屋大学からプレスリリースされました。ー飛沫を防ぐ内視鏡検査マスク「e-mask」の開発に成功-
2021/06/02
佐藤和秀先生が日本がん分子標的治療学会研究奨励賞を受賞されました。誠におめでとうございます。
2021/05/30
安井隆雄先生と九州大学 龍崎先生、大阪大学 川合先生、東京医科大学 落谷先生との共同研究論文 Analytical Chemistry の内容が、日本経済新聞に掲載されました。
2021/05/28
安井隆雄先生と大阪大学・古賀先生との共同研究が、NEDO「官民による若手研究者発掘支援事業」に採択されました。誠におめでとうございます。
2021/05/24
佐藤和秀先生らの研究成果が、プレスリリースされました。「GPR87をターゲットとした光免疫療法の胸部腫瘍への応用開発」
2021/05/21
安井隆雄先生と九州大学 龍崎先生、大阪大学 川合先生、東京医科大学 落谷先生との共同研究論文 Analytical Chemistry の内容が、科学新聞に掲載されました。
2021/05/14
安井隆雄先生と九州大学 龍崎先生、大阪大学 川合先生、東京医科大学 落谷先生との共同研究論文 Analytical Chemistry の内容が、日経バイオテクに掲載されました。
2021/05/13
名古屋大、脳腫瘍を 1mL の尿で判定可能に!〜尿中のマイクロ RNA にて 99%の正確度で脳腫瘍を発見〜のニュースが、日経バイオテク、東海テレビ、日経XTECH、京都新聞、西日本新聞、共同通信、静岡新聞、神奈川新聞、佐賀新聞Live、沖縄タイムズ、山陰中央新報デジタル、宮崎日日新聞で報道されました。
2021/05/12
安井隆雄先生と九州大学 龍崎先生、大阪大学 川合先生、東京医科大学 落谷先生との共同研究論文 Analytical Chemistry の内容が、名古屋大学からプレスリリースされました。
2021/05/10
安井隆雄先生と九州大学 龍崎先生、大阪大学 川合先生、東京医科大学 落谷先生との共同研究成果が、Analytical Chemistryに掲載されました。誠におめでとうございます。
2021/05/08
安井隆雄先生が、公益財団法人 船井情報科学振興財団において、第20回 2020年度 船井学術賞を受賞されました。誠におめでとうございます。
2021/05/01
小野島大介先生、湯川博先生の総説が、月刊「細胞」2021年5月臨時増刊号に掲載されました。誠におめでとうございます。
2021/04/26
湯川博先生とAGC株式会社、東京医科大学 落谷孝広先生、熊本大学 田中靖人先生との共同研究論文 Scientific Reportsの内容が、名古屋大学と熊本大学から同時にプレスリリースされました。
2021/04/17
湯川博先生の総説が、月刊 機能材料 2021年4月号に掲載されました。 誠におめでとうございます。
2021/04/07
湯川博先生、熊本大学 田中靖人先生との共同研究成果がScientific Reportsに採択されました。誠におめでとうございます。
2021/04/02
湯川博先生、佐藤和秀先生が中心になって開設する「名古屋大学 住友電工グループ 社会貢献基金医工連携講座」に関する記事が、中日新聞、朝日新聞にて掲載されました。
2021/04/02
湯川博先生、馬場嘉信先生の総説が、量子センシングハンドブックに出版されました。誠におめでとうございます。
2021/04/01
山本徳則先生らの研究成果が、Digestive Diseases and Sciencesに採択されました。誠におめでとうございます。
2021/04/01
有馬彰秀先生の総説「ナノバイオデバイス、量子科学技術とAIが拓く未来医療」が、Pharm Tech. Japanに掲載されました。誠におめでとうございます。
2021/04/01
安井隆雄先生と夏目敦至先生との共同研究論文 ACS Applied Materials & Interfaces の内容が、名古屋大学大学院医学系研究科からプレスリリースされました。 「脳腫瘍を 1mL の尿で判定可能に! 〜尿中のマイクロ RNA にて 99%の正確度で脳腫瘍を発見〜」
2021/04/01
安井隆雄先生と夏目敦至先生との共同研究成果が、ACS Applied Materials & Interfacesに採択されました。 誠におめでとうございます。
2021/03/31
本多裕之先生の研究成果「世界初!血糖値の安定化に寄与する天然ペプチドの発見」が、名古屋大学からプレスリリースされ、研究成果に関する記事が、日刊工業新聞に掲載されました。
2021/03/30
加藤昌志先生、大神信孝先生、田﨑啓先生らの研究成果「スギ花粉症の症状を増悪させる大気汚染物質を発見 〜鼻腔内の鉛濃度はスギ花粉症の増悪因子〜」が、名古屋大学からプレスリリースされ、研究に関する記事が、中日新聞に掲載されました。
2021/03/26
湯川博先生の総説が、月刊 光アライアンス 2021年4月号に掲載されました。 誠におめでとうございます。
2021/03/19
勝野雅央先生の研究成果が、名古屋大学からプレスリリースされました。 「尿中のタンパク質で筋萎縮性側索硬化症の進行を予測」
2021/03/19
馬場嘉信先生が、2020年度 化学とマイクロ・ナノシステム学会 学会賞を受賞されます。誠におめでとうございます。
2021/03/04
馬場嘉信所長が、研究代表者として提案した次世代バイオマテリアル領域ハブ拠点が、文部科学省 マテリアル先端リサーチインフラに採択されました。誠におめでとうございます。
2021/03/01
佐藤和秀先生が、公益財団法人コニカミノルタ科学技術振興財団において、令和2年度コニカミノルタ画像科学奨励賞連携賞を受賞されました。誠におめでとうございます。
2021/02/25
山下太郎先生が前島密賞を受賞しました。誠におめでとうございます。
2021/02/22
安井隆雄先生が、公益財団法人中谷医工計測技術振興財団において、中谷賞(奨励賞)を受賞されました。誠におめでとうございます。
2021/02/16
勝野雅央先生、佐橋健太郎先生らの研究成果が、名古屋大学からプレスリリースされました。「CAGリピートを標的としたsiRNAは脳内の異常ポリグルタミン蛋白を選択的に抑制する」
2021/02/08
清中茂樹先生らの研究成果が、名古屋大学からプレスリリースされました。記憶や学習に関わる神経伝達物質受容体の迅速な蛍光標識に成功 ―記憶のメカニズム解明や神経疾患の診断への活用に期待―
2021/02/08
浅沼浩之先生、村山恵司先生らの研究成果が、名古屋大学からプレスリリースされました。生命の起源は人工核酸XNA?~人工核酸の非酵素的鎖伸長法の開発~
2021/02/06
佐藤和秀先生が、国際癌治療増感研究協会IASCTにおいて、第21回 国際癌治療増感研究協会 研究奨励賞を受賞されました。誠におめでとうございます。
2021/02/02
佐藤和秀先生の研究課題「時間・空間光励起制御による革新的疾患モデル開発解明研究」が、国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)の 「創発的研究支援事業」に採択されました。 誠におめでとうございます。
2021/02/02
三宅康之先生の研究課題「ウイルス感染における宿主因子の動態と分子機能の解明」が、国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)の 「創発的研究支援事業」に採択されました。 誠におめでとうございます。
2021/02/02
須賀英隆先生の研究課題「ヒト脳神経発生を正確に再現し、測れなかったものを測る」が、国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)の 「創発的研究支援事業」に採択されました。 誠におめでとうございます。
2021/02/01
山本徳則先生らの研究成果が、Neurourology Urodynamicsに採択されました。誠におめでとうございます。
2021/01/29
長谷川泰久先生が代表を務められる、FUTUREライフスタイル社会共創拠点が、JST共創の場形成支援プログラム 共創分野育成型に採択されました。誠におめでとうございます。
2021/01/29
湯川博先生、大学院生の公文優花さん、宮地冬君(M2)と大阪市立大学・藤原正澄先生との共同研究成果が、Scientific Reportsに採択されました。誠におめでとうございます。
2021/01/29
バイオインダストリー奨励賞を受賞された湯川博先生が企画される、バイオインダストリー奨励賞受賞者企画講演会 「生命現象の根本的解明を目指す量子生命科学について」が、以下の日程でWeb形式で開催されます。
2021/01/27
森健策先生の研究室の研究成果である大腸がんや大腸炎の内視鏡AI診断ソフトが、オリンパスから製品発表されました。
2021/01/22
佐藤和秀先生が、日本光医学・光生物学会において、奨励賞受賞講演をされました。誠におめでとうございます。
2021/01/10
山本徳則先生らの研究成果が、International Journal of Urologyに採択されました。誠におめでとうございます。
2021/01/07
馬場嘉信先生が、2020年度 第73回日本化学会賞を受賞されます。誠におめでとうございます。
2020/12/17
馬場先生が、新しくフランス・リールに設立されたがん研究所(ONCOLille, l'Institut de recherches interdisciplinaires en cancérologie de Lille)の国際科学諮問委員に就任されました。
2020/12/16
佐藤和秀先生が、真菌症フォーラム2020学術集会において、最優秀賞を受賞されました。誠におめでとうございます。
2020/12/01
小野島先生の研究紹介記事が、株式会社リバネスの季刊誌に掲載されました。
2020/12/01
長谷川泰久先生の研究課題「スマートAIと人の身体化能力の融合技術開拓と遠隔操作情報の相互伝達問題解決への応用」が JST AIPネットワークラボ「日独仏AI研究」に採択されました。誠におめでとうございます。
2020/12/01
長谷川泰久先生が、研究代表者として提案した「完全感染防御のための鼻咽頭スワブ操作ロボット」がAMED「ウイルス等感染症対策技術開発事業」に採択されました。誠におめでとうございます。
2020/11/26
勝野雅央先生の研究成果が、名古屋大学からプレスリリースされました。 「健診データから分かったパーキンソン病の早期変化」
2020/11/16
與語直之先生の論文が、PLOS ONEに掲載されました。誠におめでとうございます。
2020/10/30
佐藤和秀先生が、日本赤外線学会において、第7回日本赤外線学会研究奨励賞を受賞されました。誠におめでとうございます。
2020/10/27
湯川博先生と大阪市立大学藤原正澄先生の総説が 月刊 実験医学 2020年11月号 に掲載されました。 誠におめでとうございます。
2020/10/21
湯川博先生と名古屋大学医学系研究科佐藤和秀先生の研究が 住友電工グループ社会貢献基金 2020年度大学講座寄付 に採択されました。 誠におめでとうございます。
2020/10/03
佐藤和秀先生が、日本癌学会において、日本癌学会奨励賞【臨床】を受賞されました。誠におめでとうございます。
2020/09/29
森健策先生と国立情報学研究所、日本医学放射線学会、順天堂大学などとの共同研究成果「新型コロナウイルスによる肺炎CT画像のAIによる解析手法開発」が、NHKで放映されました。
2020/09/25
湯川博先生の総説が、バイオサイエンスとインダストリー(B&I)に掲載されました。 誠におめでとうございます。
2020/09/19
小野島大介先生が、リバネス社主催のテックプランターにおいて、第7回バイオテックグランプリのファイナリストとして、Taisho FRC賞と日本ユニシス賞をダブル受賞されました。誠におめでとうございます。
2020/09/19
村上裕先生と国立病院機構名古屋医療センターの共同研究成果「Antibody-like proteins that capture and neutralize SARS-CoV-2」が、NHKとCBCで放映、朝日新聞、読売新聞、中日新聞、共同通信などに掲載されました。
2020/09/13
佐藤和秀先生が、公益社団法人日本化学療法学会において、上原記念感染症・化学療法研究奨励賞を受賞されました。誠におめでとうございます。
2020/09/01
名古屋大学とAGC、テーマ探索から社会実装までの一気通貫型の 新たな産学連携の取組みを開始  -素材が拓く未来社会を共創- ナノライフシステム研究所は、ライフサイエンス領域の共同研究を推進します。
2020/07/21
馬場嘉信所長が、研究代表者として提案した研究課題「量子生命技術の創製と医学・生命科学の革新」が、文部科学省 光・量子飛躍フラッグシッププログラム(Q-LEAP)量子生命 に採択されました。
2020/07/01
新規研究部門として、量子科学技術・量子生命科学研究部門が発足しました。 第二次量子革命時代(量子 2.0)における量子科学技術を基盤として、「生体ナノ量子センサ」「量子論的生命現象の解明」などの研究開発を進めるとともに、医学・生命科学に応用する量子生命科学を創出します。
2020/06/24
安井隆雄先生とCarif(株)(旧Icaria(株))との共同研究がAMED「先進的医療機器・システム等開発プロジェクト」に採択されました。
2020/05/26
大槻主税先生が、粉体粉末冶金協会において、第58回研究功績賞を受賞されました。誠におめでとうございます。
2020/04/24
湯川博先生と馬場嘉信所長と鳥本司先生の共同研究論文が、ACS Applied Nano MaterialsのThe supplementary cover artに採択されました。誠におめでとうございます。
2020/04/07
勝野雅央先生が、令和2年度科学技術分野の文部科学大臣表彰科学技術賞 研究部門を受賞されました。誠におめでとうございます。
2020/04/07
安井隆雄先生が、令和2年度科学技術分野の文部科学大臣表彰若手科学者賞を受賞されました。誠におめでとうございます。
2019/10/17
新井史人先生、益田泰輔先生と筑波大学の共同研究がAMED「先進的医療機器・システム等技術開発事業(基盤技術開発プロジェクト)」に採択されました。
2019/09/20
村上 裕 研究室の林剛介先生の研究が、JSTさきがけに採択されました。
2019/09/20
安井隆雄先生の研究が、JSTさきがけに採択されました。
2019/09/20
木村 宏 研究室の佐藤好隆先生の研究が、JSTさきがけに採択されました。
2019/04/01
與語直之先生が、独立行政法人 日本学術振興会 平成31年度科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金) 若手研究に採択されました。誠におめでとうございます。
2019/03/22
湯川博先生と名古屋市立大学(田中靖人先生)の共同研究がAMED「肝炎等克服実用化研究事業」に採択されました
2018/12/21
12月20日付の日刊工業新聞に取り上げられました
2018/10/05
新井史人先生と村田製作所,フィリップス・ジャパンの共同研究がAMED ACT-MSに採択されました
2018/10/01
ナノライフシステム研究所を開設しました