名古屋大学 次世代バイオマテリアル・ハブ拠点

menu

名古屋大学

次世代バイオマテリアル拠点

 

Next-Generation Biomaterial Research Infrastructure Hub,

Nagoya University

OUTLINE

バイオマテリアルは、持続可能で一人一人の多様な幸せが実現できる社会を構築するために必要不可欠な最先端基盤材料の一つであり、その研究開発はホワイトバイオからレッドバイオまで非常に幅広い分野において加速しています。本領域はハブ・スポーク機関が有する合成、加工、構造解析の世界有数の先端共用設備群に加えて、生体適合性検証支援のためにin vivo実験環境の実現、高品質データ創出・収集・蓄積・構造化、データ利活用環境の構築を図ることで、データ駆動型のバイオマテリアル研究開発に貢献します。

NEWS & TOPICS

続きを読むmore

名古屋大学 次世代バイオマテリアル拠点

〒464-8603
愛知県名古屋市千種区不老町
E-mail: arim-support(at)nanobio.nagoya-u.ac.jp